伝統の技と美

江戸末期から続く提灯問屋として、主に同業小売業者様への提灯卸をしております。

創業200年の提灯問屋です。伝統的な祭礼用の京提灯を初め、イベント用提灯、飲食店看板提灯、インテリア用提灯まで各種取り揃えております。多少にかかわらず、お気軽にお問い合わせください。

六代目店主 栁瀬 憲利

こだわりの詳細はこちら

  • 厳選した素材

    丹波篠山産の竹材など職人の目で厳選した天然素材を使用。味わい深さと機能性を兼ね備えた提灯です。

  • 匠の技で制作

    提灯の伝統製法「地張」など、古来から続く匠の技をしっかりと受け継ぎ、提灯の製作をしております。

  • 徹底した品質

    受注から出荷まで一貫した生産体制で、1点1点に責任を持って品質管理を行っております。

ブログ新着情報
和紙提灯
    • 高張型

      高張型

      祭礼で氏子の家に 吊るす最も一般的 な提灯です。

    • 夏目型

      夏目型

      たまご型で、主に神社に使われます。

    • 丸型

      丸型

      寺院山門の中央に飾りつけされます。

    • 弓張型

      弓張型

      用途は様々で、持って歩くために弓が付いています。

    • 奉納型

      奉納型

      上下の枠に筒型の提灯が入ります。

    • 五月人形提灯

      五月人形提灯

      五月人形の提灯です。直径五寸~七寸まであります。

    • 地蔵盆用提灯

      地蔵盆用提灯

      『延命地蔵大菩薩』『南無地蔵大菩薩』等既製品であります。

    • AKARI提灯

      AKARI提灯

      世界的な彫刻家、イサム・ノグチによる光のオブジェ。

ビニール提灯
    • 看板用提灯

      看板用提灯

      雨風に強く長持ちします。店舗などの看板提灯として使用されています。

    • 祭用提灯

      祭用提灯

      雨風に強く長持ちします。神社などで使用される頻度が高くなりつつあります。

  • よくある質問Q&A
  • 提灯の製造工程
  • お問い合わせから納品までスムーズに提灯をお求めいただくための流れをご説明いたします。

    初めての方はまずこちらからご覧ください。

流れの詳しい説明はこちら